忍者ブログ
TES関連のMOD翻訳やMOD紹介など。

タムリエルの伝承5 エセリウス

http://www.uesp.net/wiki/Lore:Aetherius
Based on UESP
UESPの記事に基づいた抄訳です。


エセリウス は不滅の領域であり、すべての魔力と魔術の根源だと考えられている。星と太陽は、ムンダス 創造の際に精霊たちが開けた穴 ( 特に マグナス ) だと考えられている。死者の魂はなんらかの理由で地上に留まらない限り、霊魂になって エセリウス に行くというのが一般的な考え方である。

オブリビオン がいくつかの領域に分かれているように、エセリウス も目的別に複数の領域にわかれている。ただし オブリビオンの領域 のような欠点はない。選ばれた ノルド は ソブンガルデ の 栄光の館 に行く。 レッドガード が行く場所は Far Shores / 遠き浜辺 、そして カジート の行く領域は Sands behinds the Stars / 星の向こうの砂丘 として知られている。 特定の種族だからといって必ずしも自種族の領域に行くわけではなく、個人の信条と死に方が関係していると思われる。上級王 エメリク は英雄の間の通路で(一時的に)死亡したが、彼が ブレトン であるにも関わらず、彼の霊魂は Far Shores / 遠き浜辺 の近くから呼び戻された。

エセリウス に留まらずに、生まれ変わるために Dreamsleeve / 夢のたもと という領域へ向かう霊魂もいれば、 オブリビオンの領域 で デイドラの大公 に仕える霊魂もいる。エセリウスはエイドラの故郷だと多くの者が考えているが、実際にどのようにエセリウスへ至るのかはほとんど知られていない。Magna-Ge / マグナ・ギ、別名 Star-Orphans / みなしご星 は 約定 ( 訳注:ムンダスに知覚可能な現実をもたらした古い約束 くらいの意味だと思っています) の効力が発揮される前に ムンダス から逃げ出した星々を指す。

/TESlore

拍手

PR