忍者ブログ
TES関連のMOD翻訳やMOD紹介など。

タムリエルの結婚

/TESlore 


Based on UESPwiki
Lore:Marriage


八大神 ( 九大神 ) 信仰における結婚
 アルトマー、ボズマー、(リーチマン以外の) ブレトン、インペリアル、カジート、ノルドからレッドガードに至るまで、大抵の者はマーラを愛の女神と結婚の守護神として崇めている。マーラの司祭 (クラウン・レッドガードの様式では女神モルワの司祭) がタムリエル全土で婚姻を司り、執り行っている。このことから、マーラの誓約はよく知られたこの種の結婚の多くの時代に見られる名前で、歴然として最も一般的な結合の形である。

 デイドラ崇拝に転向しなかったアイレイドの一部の部族、(変化前の) ファルマー、コスリンギー ( 訳注:ブラックマーシュに先住していた人間種族) もかつてマーラを信仰していたが、彼らはタムリエルから消滅してしまった。
 市井の者たちは愛情から結婚するのが普通だが、貴族間では王族や貴族の家同士の関係を強化するための政略結婚がよく行われる。
 また、文化が異なれば結婚の理由も異なってくる。アルトマーの結婚観は遺産と後継者への関心がほかの理由よりも高いことで有名だ。ブレトン貴族とレッドガードの貴族 (クラウン・レッドガードとフォーベア・レッドガード双方とも)  は政治的な同盟関係を築くために近縁や遠縁の貴族と結婚する。
 「母なるマーラは姿かたちに関わらずすべての子どもたちを愛する」というのが八大神 (九大神) 教会の教えだ。種族・性別に関わらず、二人の定命者の結婚は身体の結びつきというよりも、魂の結びつきとみなされる。それゆえに八大神信仰においては同性間の結婚も異種族間の結婚も許可されている。
 とはいえ、異種族間のカップルに対しては依然として差別が存在するだけではなく、行政によってはこの種の結合を正式に認めないことさえある。
 吸血鬼は不死者なので、母なる女神の眼差しのもとでの法的な婚姻からは除外されている。吸血鬼との結婚は吸血症の感染を広めると教会は恐れているので、吸血鬼と非感染者間の結婚・恋愛、吸血鬼同士の結婚・恋愛は禁じられている。
 ポリガミー (複数人) での結婚を教会は認めていない。マーラ崇拝者たちはエルフの時代からずっとモノガミー (二名間)での結婚を行っている。


式の流れ
 マーラの司祭はマーラ寺院で結婚式を執り行う。式の日時は結婚当事者のどちらかが前もって決めておく。

 出席者の前で司祭は次の言葉を述べる。

「聖女マーラは初めに創造物を産み、
同胞を神の子として守護することを誓いたもうた。
民を愛したもう聖女の教えにより、我らは相互の愛を学んだ。
そしてその愛から、独り身の人生がまったき人生ではないことを我らは学ぶ。
今日ここに、聖女マーラの愛の眼差しのもとに我らは集い、
二つの魂が永久の交わりで結合することを証言する。
神の子らが、この世と次の世を通じて、富めるときも乏しきときも、
また喜びと苦難をも共にすることを念ずる。
未来永劫、愛し続けることを誓うか」

 結婚当事者たちが「はい、これからもずっと」と賛同する。

 その後、司祭は「愛の神マーラの名において、二人の婚姻をここに認める。
二人には神聖なる藍の祝福を受けた揃いの指輪を授けよう。
二人の新たな生活において互いを守ってくれるだろう。」と続ける。
指輪の授与で儀式は終了する。結婚当事者たちは、大抵、親しい友人や家族を式に招く。

 恋人たちはマーラの司祭に頼らずとも結婚できる。マーラの祠で愛の女神に祈りをささげ、あらかじめ神々の祝福を受けてあったマーラの指輪を交換する。


アルゴニアンの結婚
 アルゴニアンは人生の伴侶と出会い互いのうちに愛情を見出すのはヒストのおかげだと信じている。彼らは意識を持つ聖なる樹ヒストが将来の結婚を決めて適切な時期と場所で互いを出会わせてくれると考えている。適切な時期と場所とは、互いを愛し結婚できる頃である。
 アルゴニアンの伝統に則って、求婚者は二人の将来の絆を象徴するために相手に独特な婚約指輪を贈る。黄金の指輪に宝石を嵌めるのだが、そのデザインのなかに3つのアメジストが配置される。2つのアメジストが両端に配置され、それらは結婚する二名を表す。中央に配置されるアメジストは、すべてのアルゴニアンが彼らの人生のなかで聖なる存在とみなしているヒストを象徴する。


ダンマーの結婚
 大家(ハウス)のダンマーもアッシュランダーも、ダンマーは祖先を讃えるので、婚姻の伝統はダンマーがまだチャイマーとして知られていた第一紀の頃の間も、三大神が現れても、第三紀に三大神が倒れても変わらなかった。
 結婚当事者のうち下位の一族出身者が上位の一族に迎え入れられる。儀式に参加し誓いを立て、新たに一族に加わり、祖先と交流して恩恵を得る。しかし実家の祖先との交流よりも弱い。新たな絆を得ても、実家の祖先との交流は残る。
 上位大家のダンマーになるほど恋人関係や婚姻の動機は政治的なものになるが、ハウスのダンマーだろうとアッシュランダーだろうと、一般人のダンマーにとっての恋人選び(将来的に結婚しようとしなかろうと)に重要なのは、セックスの技量、みだらな態度、肉体的な美などのほうだ。
 大家のダンマーとアッシュランダー間の婚姻は以前は宗教の相違により行われなかったが、時には文化の壁を超えた婚姻も結ばれることがあった。三大神の統治中にもデイドラ神の崇拝を続けたためにかつては迫害されていたアッシュランダーの民は、新寺院の興ったあと、今では古い掟の守護者として賞賛を受けている。現在では大家のダンマーが灰の地を巡礼し、両者の結びつきを強めるのはごく当たり前のこととなった。
 ほとんどのダンマーはモノガミー(二名間)の婚姻をするが、特定の状況下ではポリガミー(複数人)婚が行われる。ダンマー社会では同性間の結婚や恋愛が受け入れられている。


オークの結婚
 オーク砦における結婚はマラカスの掟に則って行われ、常に男女の組み合わせである。族長の下では生存能力とコミュニティの強大さの維持のために出産能力が重要視される。
 砦内で結婚できる男性は一名だけで、砦の族長のみが子どもを有することができるが、族長の肩書きは挑戦に負けると挑戦者に譲られる。
 族長は複数の女性と何名でも結婚できる。妻たちは炉床夫人、鍛冶夫人、狩猟夫人、盾夫人といった具合に担当を受け持つ。族長と寝床を共にするのは主に炉床夫人の役目で、彼女が家庭内の雑事を司る。鍛冶夫人は鍛冶の達人として砦内から非常に尊敬される。砦の経済に利益をもたらす狩猟夫人の重要性は人里離れた砦になるほど増す。 盾夫人は戦士であり、族長の出陣に同伴する。
 オルシニウム建国中の期間、諸王たちは初期の族長と同等の役目を持ち、さまざまな他族長の娘たちと結婚して、王国の強化を計った。伝統的に、族長の肩書きを得られるのは男性オークだけだが、特定の条件下では女性オークが砦の支配権を持つ。
 一族の息子たちは砦の族長になるまで結婚できない。父親を倒す実力のない息子たちは出身砦で独身のまま働くか、砦を出ていくことになる。息子たちが十分に成長すると大抵は族長が交代し、多くの場合には以前の族長は殺される。
 族長が亡くなると、新族長の母親(前族長の未亡人)が砦(王国の場合もある)の『母』となる
。夫人たちもそれぞれ『炉床母』『鍛冶母』『盾母』と名称が変わる。
 一族の娘たちは他の砦との同盟関係の強化を計るために他砦の族長に嫁がされる。このような婚姻はもっとも価値のあることとされるが、族長の「新しい妻」にされるのを逃れようとするオーク女性もいる。彼女たちは帝国軍に入隊するとか、世界をみるとか、富や幸運を求めるといった理由で砦を離れていく。砦に帰還する者もいないことはないが、去った者たちのほとんどは戻らない。
 トリニマックを崇拝しているオークの婚姻の風習は、マラカスの掟に従うオークとは異なっている。 上級司祭ソルガの教えによると、二人のオークが心から結びつけば本当の婚姻と同等の意味合いを持つそうだ。オルシニウムの統治者であるオークの上級王たちは一夫多妻制を許されており、砦の族長が娶るよりも多くの妻を娶っている。
 政治的状況に応じて、オーク族長はトリニマック崇拝をしているオークの既婚者の砦への滞在を許可せざるを得ない場合がある。
 砦ではなく一般の市町村で暮らすオークたちは偏見にさらされがちだ。タムリエルでは異種族間に生まれる子どもは非常に珍しいため、一般的には不可能だと考えられている。






the Pledge of Mara, <[(which is) the name] under many times> is <known this kind of marriage> 「マーラの誓いとはよく知られたこの種の結婚の多くの時代に見られる名前で、歴然として最も一般的な結合の形である」の箇所についてアルシアさんに教えていただきました。ありがとうございます。

拍手

PR