忍者ブログ
TES関連のMOD翻訳やMOD紹介など。

タムリエルの伝承1 宇宙の構造について

「Aurbis と the Wheel と the Tower」

based on UESP wiki

昔、ローカンは Aurbis の 再構成を何度も眺めているうちに、楽しいんだけどつまらない感じもしてきた。遂に「もういいや」な気分になったので、ローカンは the Wheel の外側まで旅をして虚無までやってきた。すると the Wheel の作った「あるモノ」が見えた。the Wheel の脇に「I」があった。すなわち「I」 が the Tower である。

(訳注 後半にも登場しますが、the Tower(単数形の塔。目に見えない存在で、概念上の塔と思われる。星座にもなっている塔)と the Towers(複数形の塔。目に見える存在で、タムリエルの各地に実際に建っていて、魔力的な力を持っている塔)を区別して考える必要性があります。)

Aurbis は混沌、あるいは完全性を指す言葉であり、アヌ と パドメイ はそれを用いて宇宙を創りだした。ありていにいえば、虚無 と オブリビオン と エセリウスの領域、そしてムンダス と Outer Realms を含む 宇宙全体 である。Aurbis の構造は the Wheel (車輪) の形状に似ている。ムンダス が 中心にあり、その周囲の何もない空間が オブリビオンの領域 であり、さらにその向こうが 虚無 と エセリウスの領域 だと言われている。

The Wheel (車輪) とは Aurbis の構造を表す言葉だ。車輪の中心から伸びる8本の棒にあたる部分は「混沌の8つの要素」であり、7柱の神とパドメイの原初の力を表すと信じられている。彼らはエイドラの lent bones ( すなわち Earth Bones ) である。彼らは定命の者たちが歩む大地を作り、アヌとパドメイの原初の力の混合物である静的変化を定命の者たちに与えた。中心から伸びる8本の棒の外側が Aurbis だが、エセリウスといったほうがわかりやすいかもしれない。エセリウスの領域は霊魂の領域であり、車輪のいちばん外側の部分にあたる。棒と棒の間のスペースがオブリビオンの領域、つまりデイドラの大公たちの領域にあたり、車輪の軸を通す穴にあたる部分がムンダスにあたる。

the Towers と 星座 の the Tower (塔座) は別物だ。 星座の the Tower (塔) は the Towers (幾多の塔) のイメージから来ているが同一ではない。The Tower は形を知覚できない宇宙を概念化した存在であり、利用できれば想像も及ばぬほどの事を成し遂げる力を秘めているため、信じられないほど危険でもある。The Tower は各人の心に宿る宇宙の内部にある真の自己を表す存在だ。the Tower はムンダスの創造より以前から存在しており、定命の領域全体に影響を及ぼし続けている。the Thief (盗賊座) は 星座 でもあり、絶対不変の性質の隠喩でもある。the Thief は the Tower の守護者として行動する。

この記事はUESPに基づいた抄訳です。

/TESlore

拍手

PR

「Enderalから届いた手紙」の翻訳

エンデラルから届いた封蝋で閉じられた手紙

数千年の間、マルファス神は我々の理想の体現者であり、運命でした。マルファス様が亡くなられて、我々は意義を、彼の治世の輝きを失いました。しかし新たな拠り所を見出したのです。もっと重要な、戦う意義のあるものでした。エンデラルの社会秩序を守るために、マルファス神の死は秘匿されましたが、真実はいずれ表ざたになるリスクを伴っています。

我々の以前からのリーダーであるティーラー・アランテアル様がお戻りになりました。魔術師のオーダーに支持されています。オーダーとは彼の息子、ナラスツル・アランテアル様によって設立された組織です。ナラスツル様のような方々がいつの世にもいらっしゃいました。ああいう方はご自分の感情によって不安を抱きますし、気まぐれです。どのような嘘でも信じますし、本当かも知れないと思えばどんなことでも恐れます。ティーラー様は違います。彼はとても抑制されていて、思慮深い方です。ティーラー様の寛大さは報われるでしょう。敵を味方に引き入れることによって打ち砕くお方です。

ティーラー様は千年に及ぶ権力と無力の中枢ともいえるエンデラルにいらっしゃいました。艦隊も軍も伴わずに、ただ、ビジョンのみを伴われて… ティーラー様が話されたのは我々にはまだ理解できない深いパターンについてでした。ある種の破壊的な変化についての話です。戦争や破壊の痕跡を一切残さずに、文明全体が消失することについてでした。

けれども我々はそのことについて知っています。私たち自身が旧い敵役に属していました。敵という概念を定義する時間を無駄にするのはよしましょう。そんなことよりも、我々は未来の為に、自身の持ち合わせているあらゆる知識と知恵を用いるべきです。我々は全てに抵抗し、全てを与えます。最近になって我々に与えられた「自由」を無駄にしてはなりません。今日(こんにち)、パラディンである私たちは、救済と罪滅ぼしをするつもりです。どちらも、神々と運命が我々に与えた事がなかったものです。

***

拍手

Arren4.8

/日本語化ファイル

MOD名:Arren4.8
作者(達):Sein_Schatten
お勧めポイント:
●感情表現が豊かな男性コンパニオンを追加(ロマンスなし)
●コンパニオンと挑む長編クエスト&短編クエストが計5本
●ランダム要素のミニイベント
●特定のNPCはArrenのことを知っていて、彼らからArrenの噂話を聞ける
本体ダウンロード先:http://oblivion.nexusmods.com/mods/9926
日本語化ファイル: http://oblivion.nexusmods.com/mods/40838



ブログ「忘却のオブリビオン」の管理人シェルテムさんによる、
「Arrenv4.8日本語版」向けの改善パッチが公開されています。
自動修理、自動リチャージ、召喚エフェクト追加、アイテム無限増殖修正の問題が改変あるいは修正されています。
私も導入してます(´―`*) ありがとうございます。
http://obcustommodsjp.hiroimon.com/









正義感が強く、ジョークを言い、街中へ入ればフラリと買い物へ出かけることもあります。
好奇心の強さから思わぬトラブルに巻き込まれることがありますが、
書籍に通じ、戦闘慣れしている頼れるコンパニオンです。
一般的な帝国人の良識を持ち合わせており、死霊術師や吸血鬼を敵視していることも付け加えておきます。


ほとんどのバニラクエストに対して独自の意見や感想を述べます。
更に、役立つ話から、ただの雑談、冗談まで幅広いお喋りをします。
独立した4つの短編クエストと1つの長編クエストがあります。
恋愛関係になるクエストはありません。
FCOM環境を想定したバランス設計が成されているので、
FCOM等を導入してない方は難易度バーをほどよく調節すると戦闘を楽しめます。



アレンと一緒に人助けの旅をするもよし、
怒られながら旅をするもよし。


●戦士ギルドに入る



●賞金額に反応する
ScreenShot330.jpg


























 

 

拍手

ジャガー・サーン

based on UESP wiki

ジャガー・サーン

第三紀389年、あるいは399年以前に活躍したインペリアルのバトルメイジである。それより以前の来歴は知られていないが、一般的に、バレンジア女王の宮殿に現われたナイチンゲールという名の詩人と同一視されている。詩人ナイチンゲールはモーンホールドの街の地下に隠された「混沌の杖」を奪うためにバレンジアを誘惑した。「混沌の杖」こそ、第三紀389年、自分の作りだした領域にユリエル七世を幽閉するためにサーンが振るった杖である。

サーンによる十年間の支配の期間は、Imperial Simulacrum/帝国の幻影 の時代として知られている。幻惑魔法で皇帝の姿に化けたサーンは帝国の特権を使ったが、ユリエル七世の国土回復計画は続けなかった。争いが続き、帝国は分裂した。東方ではモロウィンドがブラックマーシュを攻撃(Arnesian War)し、北方ではハイロックとハンマーフェルが争い(War of the Bend'rmahk)、南方ではエルスウェアがヴァレンウッドに武器を向け(Five Year War)、西方では旧同盟国のサマーセット諸島を相手に、またもやヴァレンウッドが領土を奪われていた(War of the Blue Divide)。サーンの目的も、この事件より前の個人的な業績も、ほとんどわかっていない。

第三紀399年、サーンの元弟子のリア・シルメンの助けを借りた名前の知られていない英雄が混沌の杖を再び繋ぎ合わせ、遂にサーンから帝国を取り戻した。帝都の宮殿地下でサーンは倒され、ユリエル七世は他の領域に作られた牢獄から解放された。玉座に戻ったユリエル七世は、サーンの統治下で起きた帝国の分裂を徐々に修復した。

ドラゴンスターの街の強力なバトルメイジたちを壊滅させて、バトルスパイア・アカデミー(バトルメイジのための大学。オブリビオンの領域とこちら側の領域の間にある)を支配しようというメエルーンズ・デーゴンの企みに手を貸したことでも知られている。

拍手