忍者ブログ
TES関連のMOD翻訳やMOD紹介など。

タムリエルの伝承2 知覚可能な現実を生みだす物について

この記事はSkyrim mod「Wheels of Lull」に関連しています。

『搭《Towers》』

based on UESP wiki


塔《Towers》とは

 『搭』は自然物の場合もあるが、人工物の場合もあり、タムリエル各地に立っている。『搭』は アダ・マンティア (Ada-Mantia) の塔を魔力的にも物質的にも模している。アダ・マンティの塔とはムンダスの屋台骨を強化していると信じられている『搭』である。タムリエル各地の 『搭《Towers》』 と 星座でもある 不可視の 『搭《Tower》》 との関連性はよくわからないが、それぞれを理解するためには双方を理解しなければならないのだろう。
 伝説によると、エイドラがムンダスを創造する際、ニルンの屋台骨の繫ぎの部分にニルンの材料が余分にくっついていた。それらは触れられる現実を拡散し始めた。アダ・マンティアの搭が繫ぎ目のいちばん高い場所に約定のために建てられた。エルフの時代(Merethic Era) の間に、アルドメリは新しい『搭』を建築する技術を考案し体系化したが、そのせいで彼らは分派した。分派した集団はそれぞれ別の『石』を用いて別の『塔』を別の繫ぎ目の上に建てたので『搭』は現代で知られているように数が増えた。
 こうした伝説から、エルフの時代においての時間の流れは一方向であったが単一ではなかったと伺い知れる。各集団がそれぞれ独自の塔を建て、その塔の周辺で独自の現実を作り出せた。『搭』は各現実をコントロールし、各集団の願いにかなう姿へと現実を変えた。この現象を 『踊り《Dance》』と呼ぶ。各搭は各分派の「神話」に倣った外観をしている。 アダ・マンティアの搭を巧みに模した別の搭もあるが、まったく異なる外観の搭もある。少なくとも 真鍮の巨人(Walk Brass) は全くかけ離れた姿をしている。

Towers と Stones
どの『搭』もそれぞれ『石』を持っている。各石は アダ・マンティアの塔に鎮座する 零の石(Zero Stone)と魔力的・物質的に類似の役割を果たす代物である。零の石の力は万物の実在性を安定させることにもっぱら費やされていると考えられている。エセリウスは 「creatia」 の源泉だが、霊魂の領域にアクセスすることは難しく、アクセスには膨大なエネルギーを要する為ので、通常の石は creatia をエセリウスから直接吸い上げるのではなく、エセリウスからオブリビオンの領域に流れ込んだ余剰分の creatia を吸い上げ、吸い上げた creatia を 搭周辺の地域に放出している。
 『石』と『搭』の繋がりは歴史のなかで何度も、様々な原因で断たれたが、どんな場合でも 『搭』がムンダスに与えていた保護が消えるという結果をもたらした。どの搭であろうと、搭の停止は定命の領域の存続自体を脅かす危険性があるので、学者はこの話題について一般人のいる場所で語るのを避けたがる。

タムリエル各地の搭
・Ada-Mantia (アダ・マンティア)
別の呼び名:Tower Zero ( 零の塔 )、 Adamantine (アダマンタイン)、 Direnni ( ディレニ )
バルフィエラ島に建っていて様々な名称を持つ塔。世界の黎明期には建築物はアダ・マンティアしかなかった。伝説によると、この塔の周りから一方向に流れる時間が始まり、この塔が知覚可能な現実を拡散したとか。タムリエル各地の『搭』はアダ・マンティアの搭を模して作られている。零の石と呼ばれる『石』を持つ。

・Red Tower ( 紅の塔 )
別名:Red Mountain (レッド・マウンテン)
ロルカーンの心臓が地表に落ちた場所に紅の搭が隆起した。エルフの分派:チャイマーは ロルカーンの赤き心臓を探し求め、モロウウィンドへ移住した。エイドラが直接創造の過程に関わった2つ目の『搭』であり、『石』はロルカーンの心臓 である。ロルカーンの心臓 は第三紀末に (訳注:TES3:Morrowindの主人公によって破壊され) 失われた。

・White-Gold ( 白金の塔 )
別名:Tower One ( 壱の塔 )
アイレイドたちが アダ・マンティアの搭を模してタムリエルの中心に建築した『搭』である。 アダ・マンティアの搭の次に作られたのは  原理の晶塔(Crystal-Like-Law)だが、白金の塔は アダ・マンティアの搭、すなわち 零の搭 の次に強力なので 壱の搭(Tower One) とも呼ばれる。アイレイドはこの『搭』の『石』に、  ロルカーンの心臓 がハートランド地方の上空を通り過ぎた際に滴り落ちた 血、チム・エル・アダバル(Chim-el-Adabal)を選んだ。チム・エル・ダバルはおおぶりの赤い宝石の姿をしており、後世においては、皇帝の証「王者のアミュレット」に使用されていた。チム・エル・アダバルは第三紀末に (訳注:TES4:Oblivion においてオブリビオンの災禍を鎮める過程で) 失われた。

・Crystal-Like-Law (原理の晶塔 *1)
アダ・マンティアの搭を模して造られた最初の搭である。サマーセット諸島に位置し、『石』は人物であったと言われている。オブリビオンの災禍のさなかにデイドラの軍隊に攻め込まれ、『石』は失われた。

Snow Throat ( 雪のノド )
別名:Snow Tower (雪の塔)、白い塔、世界のノドとも呼ばれる
スカイリムにそびえる山であり、『石』は洞窟だと言われている。
山頂にはノルドの高僧グレイビアードたちが世俗を離れて暮らしている。
ドラゴンボーンの書には、

「世界の8ヶ所で悪政が施される時
真鍮の塔が歩み、時間が再形成される時
3度祝福を受けた者が失敗し、紅の塔が揺れる時
ドラゴンボーンの王が王座を失い、白い塔が崩れる時
雪の塔が崩壊し、国王がいなくなり、血が流れる時
世界を喰らう者は目を覚まし、
運命の紡ぎ車が最後のドラゴンボーンに向けられる。」

と謳われている。

Green-Sap ( 緑の大樹*1 )
ボズマーは建築物の代わりに樹を育てた。ヴァレンウッド地方原産の巨木、グラー・オークの樹が 『搭』であり、その実 パーチャンス・エイコーン、可能性の実 が 『石』だった。つまり『搭』 も『石』もヴァレンウッドの森の至る所に存在していた。どの緑の大樹も歩き、歌い、踊った。ボズマーは 、緑の大樹を『踊らせる』歌を覚え、望みの現実へと変えるのを楽しんだ。

 第1紀243年のアレッシア主義者の奴隷たちの反逆のころ、アヌマリルという名のアイレイドの魔術師が緑の大樹を白金の塔に作り変えて、アイレイドの領域を再構築しようと企んだ。彼の陰謀の影響で緑の大樹は次第に数を減らし、やがて最後の一本、Elden Root の街にそびえる Elden Tree ( エルデンの母樹。すべての 緑の大樹の親 ) だけになった。アヌマリルはエルデンの母樹の近くに自分の歯を利用したムンダス儀 ( ニルンや月を現す機械 ) を作成し配置した。アヌマリルがいなくなった後も彼の機械は動き続けているが、緑の大樹がその物語の結末を定めない限り、アヌマリルの試みが成功したのか否か、エルデンの母樹が失われたのか否かは判然としない。

Orichalc (オリハルク)
もっとも謎の多い『搭』で名前以外はほとんど伝承がない。『石』はひと振りの剣だと言われている。ヨクダ大陸に存在したと推測されるが、ヨクダは既に海中に没した為、オリハルクの搭も失われたと考えるのが妥当だ。

Walk-Brass ( 真鍮の巨人*1 )
真鍮の巨人は ドゥーマーたちが神を造ろうとして制作した巨大な機械人形である。 真鍮の神 、あるいは真鍮の塔、ヌミディウム などとも呼ばれる。ドゥーマたちはカグレナックの神器と呼ばれる道具を用い、ロルカーンの心臓 を材料として新たな神を作ろうとしたと言われている。歴史上ローカンの心臓を用いた 真鍮の巨人は2体制作されたが、いずれも停止、あるいは破壊された。

*1:紡音さん考案の訳語を使用しています。
この記事はUESPに基づいた抄訳です。
/TESlore

拍手

PR

タムリエルの伝承1 宇宙の構造について

「Aurbis と the Wheel と the Tower」

based on UESP wiki

昔、ローカンは Aurbis の 再構成を何度も眺めているうちに、楽しいんだけどつまらない感じもしてきた。遂に「もういいや」な気分になったので、ローカンは the Wheel の外側まで旅をして虚無までやってきた。すると the Wheel の作った「あるモノ」が見えた。the Wheel の脇に「I」があった。すなわち「I」 が the Tower である。

(訳注 後半にも登場しますが、the Tower(単数形の塔。目に見えない存在で、概念上の塔と思われる。星座にもなっている塔)と the Towers(複数形の塔。目に見える存在で、タムリエルの各地に実際に建っていて、魔力的な力を持っている塔)を区別して考える必要性があります。)

Aurbis は混沌、あるいは完全性を指す言葉であり、アヌ と パドメイ はそれを用いて宇宙を創りだした。ありていにいえば、虚無 と オブリビオン と エセリウスの領域、そしてムンダス と Outer Realms を含む 宇宙全体 である。Aurbis の構造は the Wheel (車輪) の形状に似ている。ムンダス が 中心にあり、その周囲の何もない空間が オブリビオンの領域 であり、さらにその向こうが 虚無 と エセリウスの領域 だと言われている。

The Wheel (車輪) とは Aurbis の構造を表す言葉だ。車輪の中心から伸びる8本の棒にあたる部分は「混沌の8つの要素」であり、7柱の神とパドメイの原初の力を表すと信じられている。彼らはエイドラの lent bones ( すなわち Earth Bones ) である。彼らは定命の者たちが歩む大地を作り、アヌとパドメイの原初の力の混合物である静的変化を定命の者たちに与えた。中心から伸びる8本の棒の外側が Aurbis だが、エセリウスといったほうがわかりやすいかもしれない。エセリウスの領域は霊魂の領域であり、車輪のいちばん外側の部分にあたる。棒と棒の間のスペースがオブリビオンの領域、つまりデイドラの大公たちの領域にあたり、車輪の軸を通す穴にあたる部分がムンダスにあたる。

the Towers と 星座 の the Tower (塔座) は別物だ。 星座の the Tower (塔) は the Towers (幾多の塔) のイメージから来ているが同一ではない。The Tower は形を知覚できない宇宙を概念化した存在であり、利用できれば想像も及ばぬほどの事を成し遂げる力を秘めているため、信じられないほど危険でもある。The Tower は各人の心に宿る宇宙の内部にある真の自己を表す存在だ。the Tower はムンダスの創造より以前から存在しており、定命の領域全体に影響を及ぼし続けている。the Thief (盗賊座) は 星座 でもあり、絶対不変の性質の隠喩でもある。the Thief は the Tower の守護者として行動する。

この記事はUESPに基づいた抄訳です。

/TESlore

拍手

ジャガー・サーン

based on UESP wiki

ジャガー・サーン

第三紀389年、あるいは399年以前に活躍したインペリアルのバトルメイジである。それより以前の来歴は知られていないが、一般的に、バレンジア女王の宮殿に現われたナイチンゲールという名の詩人と同一視されている。詩人ナイチンゲールはモーンホールドの街の地下に隠された「混沌の杖」を奪うためにバレンジアを誘惑した。「混沌の杖」こそ、第三紀389年、自分の作りだした領域にユリエル七世を幽閉するためにサーンが振るった杖である。

サーンによる十年間の支配の期間は、Imperial Simulacrum/帝国の幻影 の時代として知られている。幻惑魔法で皇帝の姿に化けたサーンは帝国の特権を使ったが、ユリエル七世の国土回復計画は続けなかった。争いが続き、帝国は分裂した。東方ではモロウィンドがブラックマーシュを攻撃(Arnesian War)し、北方ではハイロックとハンマーフェルが争い(War of the Bend'rmahk)、南方ではエルスウェアがヴァレンウッドに武器を向け(Five Year War)、西方では旧同盟国のサマーセット諸島を相手に、またもやヴァレンウッドが領土を奪われていた(War of the Blue Divide)。サーンの目的も、この事件より前の個人的な業績も、ほとんどわかっていない。

第三紀399年、サーンの元弟子のリア・シルメンの助けを借りた名前の知られていない英雄が混沌の杖を再び繋ぎ合わせ、遂にサーンから帝国を取り戻した。帝都の宮殿地下でサーンは倒され、ユリエル七世は他の領域に作られた牢獄から解放された。玉座に戻ったユリエル七世は、サーンの統治下で起きた帝国の分裂を徐々に修復した。

ドラゴンスターの街の強力なバトルメイジたちを壊滅させて、バトルスパイア・アカデミー(バトルメイジのための大学。オブリビオンの領域とこちら側の領域の間にある)を支配しようというメエルーンズ・デーゴンの企みに手を貸したことでも知られている。

拍手

マニマルコ

based on UESP wiki : Lore

マニマルコ

Order of the Black Worm の指導者、アルトマーのリッチである。メイジギルドとは敵対している。虫の王の呼称で知られているが、彼自身につけられた名称なのか、死霊術師の組織の指導者としての肩書きなのかはわからない。第三紀433年ごろ、シロディールのメイジギルドを急襲した。出だしは上手くいったのだが、メイジギルドを壊滅させるには至らず、前アークメイジであるハンニバル・トレイブンの助けを借りた、新米アークメイジに討たれた。


=来歴=

彼の登場する書籍からは、各時代やガレリオンについての貴重な情報が得られる。彼について知られていることは少ないが、以下に箇条書きでまとめる。

・サマーセット諸島で三番目に広い、アルテネウム島で暮らしていた。

・生年は知られていないが、「強大なレマン」が倒れてから230年後に魔術を学んでいたと記述されている。(「虫の王マニマルコ」より) レマン王朝の終焉に伴って第一紀が幕を閉じてから230年経ったということだろう。メイジギルドの起こりが第二紀230年であるから、時期的に一致している。(魔術を学び始める年齢を考慮すると) 20年前の第二紀210年あたりに生まれたとするのが妥当であろう。

・同輩のヴァヌス・ガレリオンと並んで、非常に優秀な生徒だったと記述されている。ガレリオンはのちにメイジギルドを創設した。ガレリオンは「明るく暖かな」心の持ち主と書かれ、マニマルコは「暗く冷たい」心の持ち主と書き残されているのは驚くに値しない。

・まだ勉強をしているうちに、死霊術に手を染め、捉えた魂を利用し始めた。

・やがて死霊術の利用を知られ、セポラの塔の下で、ガレリオンから警告を受けた。この警告をマニマルコは無視した。(セポラの塔はサイジック会が利用していた、いにしえの塔。)

・のちに、マニマルコは師たちのはからいでタムリエル大陸に送られた。記録に残されていない用事があったのかもしれないが、死霊術の利用に対するささやかな罰だったのだろう。

・サイジックの賢者たちのその場しのぎの方法に嫌気がさしたガレリオンは、マニマルコを追い詰めるため、そして新しい組織を作るために、タムリエル本土に渡ることを決意した。

・タムリエル中に悪名が広まり、死霊術師たちがマニマルコの下に集まった。

・最初のリッチになった。(長命の理由。オブリビオンの惨禍が始まった時、マニマルコはおおよそ1130歳である。) あらゆる種族のうちで初めてリッチになった者なのか、人型の生物で初めてリッチになるのに成功したという意味なのかはわからない。リッチになったことで肉体と精神を失い、生ける屍となった。血が酸に変わった事に加えて、ありとあらゆるおぞましい事が彼に起きた。

・メイジギルドのことを、派閥争いと捻じれた官僚主義に陥った「泥沼」だと言って、ガレリオンはメイジギルドを去った。

・The Great Battleと呼ばれる戦いで、ガレリオンはマニマルコを攻撃した。この時、マニマルコは「虫の王」の名で呼ばれたと言われている。通り名は確かにあったが、この時期には、この名称とは異なる可能性がある。

・マニマルコは恐ろしい死の呪文を唱えたが、魔術の発動は失敗した。戦いはギルド側の勝利に終わった。ガレリオンを含む約1,000名が戦死し、マニマルコも死んだと思われた。

拍手

        
  • 1
  • 2